2018年11月15日(日)

茨城県・常陸大宮市文化センター



今年最後の「宝くじまちの音楽会 岩崎宏美with宗次郎 〜心のふるさとを求めて〜」は、茨城県の常陸大宮市で行われました。
その場所が、宗次郎さんの「オカリーナの森」から車で20分くらいの場所ということだったので、宗次郎さんからご招待をいただき、会館に入る前に伺うことができました。

この日は、お天気にも恵まれ、素晴らしい青空。
雲も気持ちよさそうです。

20181115_1.JPG

それにしても、高い建物がないと、こんなに雄大な景色になるんですね〜。
すべての場所が遠く見える感じ。
東京には、こういう場所や景色の余白がありません。
羨ましくなりました。




お昼すぎに、宗次郎さんの「オカリーナの森」に到着しました。
いやぁ〜心地良い場所です。
長靴姿もお似合いの宗次郎さん。
私達が到着したとき、一人で畑にいらしたので「木こり」なのかと思いました。笑

20181115_2.JPG

左から、宗次郎さんのマネージャー岩田さん、ギターの小林さん。
そしてベースの山内くんと、ヘアーメイクの田代さん。



ものすごく高い杉の木。

20181115_3.JPG

一つ一つのものが、とっても生かされている「オカリーナの森」




これは、コンサートができる舞台です。
客席も勿論あります。

20181115_4.JPG

宗次郎さんのオカリナの音色で、小鳥とか反応してくれるそうです。
自然なもの、小鳥や、きっと妖精まで、オカリナの素直な音色に反応してくれるのだと思いました。

この写真は、山内くんが撮ってくれました。

20181115_5.JPG

宗次郎さん、はっきり言って「呆れています!」笑




工房の中です。

20181115_6.JPG

憧れの薪ストーブを見つけて、大騒ぎしていた私。
この建物の前には、山積みされた薪や、きのこの栽培、お茶の葉、お野菜など…ありとあらゆるものが栽培されています。
一つ怖いな〜と思ったことは、イノシシが来ることがあるそうです。
それはぁ〜こわいなぁ〜〜〜。
イノシシはミミズを食べるらしくて、畑をほじっている跡が沢山ありました。
あんなに身体が大きいのに、ミミズ〜〜〜。



そしてこのあと、美味しいお蕎麦と、美味しいコーヒーをいただきました。
宗次郎さんがキッチンに立って作ってくださったお蕎麦。
最高に美味しかったです!
そばつゆに辛味大根を入れて食べる、蕎麦湯を入れるときに刻みネギをいれる…本当に美味しかった。
私も山内くん、田代さんもぺろりだったのでした。

20181115_7.JPG




会館に入るまで、すっかりピクニック気分でいましたが、いつもとは違う、楽しい宝くじのコンサートでした。
やっぱりプライベートが充実すると、仕事もはかどりますね!
60歳になって初めての歌声でしたが、幸せでした。

宗次郎さん!
色々とお気遣いいただき、ありがとうございました。

来年も、宗次郎さんとの宝くじコンサートは続きます。
どうぞ、お楽しみになさってください。

20181115_8.jpg

お集まりいただきました皆様
本当にありがとうございました。

感謝をこめて
岩崎宏美

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png